長期業績レポート(古河機械金属、古河電気工業)

長期業績レポート

5715 古河機械金属
5801 古河電気工業

日経225採用企業の長期業績レポート一覧

メモ

今日の2社は古河グループに属しています。古河市兵衛(1832 – 1903)が1877年に足尾銅山を買収。大鉱脈を掘り当てたことから多角化が始まります。親会社の一部門として新規事業に取り組んではスピンオフするのが古河グループの特徴です。

以下が、古河機械金属から派生した主要5社です。現在の時価総額を比べると、子が親を超え、孫が子を超えて、、、ファナックまでつながっていることが分かります。ファナックから次の大企業が生まれるのでしょうか?

1875年 古河機械金属(鉱山開発)       970億円
1884年 古河電機工業(電線製造)       2900億円
1923年 富士電機  (電気機器製造)     4800億円
1935年 富士通   (通信機器製造)     1兆4000億円
1972年 ファナック (工作機械制御機器製造) 4兆6000億円

古河グループには、時流を捉えて形にすることできるDNAがあるのかもしれません。そして、こうした歴史を知るにつれ、「スピンオフした企業は投資対象として面白い」とするCharlie Mungerの言葉を思い出します。

関連投稿】調査対象企業の探し方:スピンオフ

Happy Investing!!

バリュー投資レター登録のお願い

バリュー投資レターでは、投資信託クローニングレポートなど投資に有益な更新情報をいち早くお届けしています。

トップページ右側のフォームより登録をお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください